ダイエット 食事メニュー

ダイエットと食事メニュー

高タンパクで、かつ低カロリーなメニューが、ダイエットでは推奨される食事内容となります。

 

ダイエットのメニューに多用される高たんぱく質の食材といえば、オーソドックスなものは大豆加工食品でしょう。大豆は畑の肉ともいう名称もあるほどたんぱく質が多い、ダイエットに適した食材です。

 

ダイエットをしていると食事制限によって普段より栄養の摂取量が少なくなりがちです。大豆は体に必要なアミノ酸だけでなく、食物繊維や炭水化物、各種のミネラルやビタミンがたくさん含まれており、消化吸収もいい食材なので効果的な摂取ができます。

 

大豆に多く含まれる大豆サポニンは抗酸化力が強く、また、体内の脂肪の代謝を促進する効果があるという成分です。肥満を防止し、ダイエットに役立つ成分として注目を集めています。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きがある成分が大豆イソフラボンです。ダイエットに効果的なだけでなく、美容や婦人病に対しても効果があるといいます。

 

血液中のコレステロールを調整して動脈硬化や心筋梗塞を予防するという大豆レシチンは、ビタミンの吸収を向上させる作用もあります。大豆レシチンは脳の活動を活発にするとも言われており、ダイエットに用いることで痩身効果の他にも健康や美容、思考の回転率アップにも役立つわけです。

 

大豆を毎日のダイエットメニューに取り入れることは、我々日本人にとっても比較的簡単なので、誰でもすぐに実践できるダイエット方法です。大豆は和食の食材によく使われています。豆腐や納豆、厚揚げ、しょうゆなど、様々な大豆商品は低カロリーでダイエットに適しており、積極的に摂りたいものばかりです。

 

和食は、洋食より低カロリーなメニューが多いようです。ダイエットをしている間は意識して和食を食べているという方もいます。ダイエットメニューを決める時は、洋食ではなく和食にするだけでも効果が期待できるとされています。

 

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加